2020/2/12に斜里町の流氷の上に出現した夜景の蜃気楼が幻想的すぎる件

今回は夜景蜃気楼のお話。こんなのを発見しました。

2020年2月12日未明にオホーツク海に出現した蜃気楼だそうです。見えているのが夜景なので「夜景蜃気楼」というらしい。流氷の上ということもあって、なんとも幻想的ですね。ニュース記事本編には動画もあるので是非見てみてください。

【<旬感スクエア>流氷かなたに光の神殿 斜里】

 
斜里町から網走市を見ると、地形が湾のようになっているので、天気の良い日は遠くに街明かりが見えることはあるのですが、直線距離で30kmはあるので、普通はこんな規模では見えないと思います。すごいですね蜃気楼って。

もともと、網走から斜里にかけてのオホーツク海は蜃気楼が見えることで有名なのですが、私は未だ蜃気楼を見たことがありません。(数年間このあたりに住んでいたのに)

 
ついでに北海道の蜃気楼ネタをもう1件。
いろいろ蜃気楼の写真を探していたら、こんなのも発見しました。根室市で撮影されたものです。

なんと船が空を飛んでいる?! 恐るべし、蜃気楼!