頑丈なDELLの Core i5-9400(第9世代)搭載パソコンが6.5万円で買える

来年(2020年)1月にWindows7のサポートが終了すると言うことで、そろそろパソコンの更新を検討しています。いま使っているのはDELLのInspironというモデルのデスクトップパソコンで、2011年の春に買ったものです。なんと8年半も使っているという。

私はパソコンのヘビーユーザーなので、もう25年ぐらいの間、壊れては買い換えて壊れては買い換えてと繰り返してきましたが、8年以上壊れないで保ったのは初めてです。さすが頑丈さに定評があるDELLですね。まだまだ何事もなく使えているので、OSのサポートの切れなければ、あと3年ぐらいは使えそう。

とはいえ、動画の編集や、MikuMikuDanceなどの3D動画作成ソフトなどを使うと、処理能力不足を感じてはいました。なので、次買うとすると、最低でも処理速度が3倍以上になるようなパソコンが欲しいと思っています。

で、今日はいろいろと新機種を調べていたのですが、なんとインテルのCoreシリーズは第9世代になっているんですね。しかも、そんなに高くないという。冒頭で紹介したDELLのInspiron(なんと8年前と同じシリーズがまだあった)は、

・Core i5-9400(第9世代)
・メモリ 8GB
・HDD 1TB

で、6.5万円で買えてしまいます。

昨年、家族のノートパソコンを買うのにいろいろ調べていたときはまだ第7世代が主流だったのに、あれから1年半で第9世代になってしまったのか。

Core i5は、第7世代から第8世代に移行するときに飛躍的に処理能力があがったようなので、焦って昨年パソコンを買わなくて良かったという感じがしますね。

とはいえ、今使っているInspironはCore i5-650(第1世代)なので、現行の機種は何を買っても飛躍的に処理速度が速くなるのは間違いないのですが(笑)

ベンチマークの結果を見ると、Core i5-650Core i5-9400では、単純な数値で3倍以上の開きがあるので、私の希望通りのスペックは得られそうです。

とりあえず、まだ3ヵ月はサポートを受けられるので、もう少しいろいろ調べて見たいと思います。その間にもっと良いのが出るかもしれませんしね。