今でも新品が手に入る学研の電子ブロックEX-150。ブロックを並べて気軽に電子工作を楽しもう

2019年11月3日

  
私が小学生の頃に大流行した学研のおもちゃ「電子ブロック」。
懐かしいなんてものではありません。一時期夢中になって遊びました。

その電子ブロックは、発売が1976年で、すでに43年が経過しているのですが、なんと驚いたことに今でも新品が手に入るんですね! 
その名は「大人の科学シリーズ7 電子ブロック EX-150」。

 
当時の製品は、15種類の回路を組むことができるEX-15が一番安いセットで、そこから追加パーツを買いそろえていくことで、EX-30(30回路)、EX-60(60回路)、Ex-100(100回路)、EX-120(120回路)、EX-150(150回路)と拡張できる仕様になっていました。私はEX-60ぐらいからスタートしたような記憶が。

その数年後に、181回路の電子回路を組むことが出来るEX-181に拡張できる追加パーツが発売になったのですが、記憶がないので、私は買っていないように思います。

しかし、現在復刻版として発売されているのは150種類の回路が組める「EX-150」のみのようですね。

ご存じのない方のために、電子ブロックがどんなものかを説明すると・・・

こんな感じで、半透明のブロックがたくさん用意されていて、その1つ1つにトランジスタやダイオード、コンデンサなどの電子部品が入ってるんです。そして、設計図通りに、そのブロックを本体にはめ込んでいくと、ラジオやモールス発信器、電子バードなど、様々な電子回路を組めるというものです。

なんせ150種類も回路があったので全部は覚えていませんが、自分が組んだ回路によって、いろんな音が出たり光ったりするのはとても楽しく、飽きずに毎日遊んでいた記憶があります。

当時は小学生だったので、電子回路の知識なんてほとんどないわけで、設計図通りにしか作れませんでしたが、今だったら少し別の楽しみ方が出来るかもしれませんね。ん~む、欲しくなっちゃいますね(笑)

うちの子供はまだ小学校低学年なので少し早いですが、高学年になる頃まで販売していたら購入を検討してみようかな?

学研トイホビー
売り上げランキング: 93,779

 
この電子ブロックとは直接関係ないのですが、電子ブロックのことを調べていたら、こんなおもちゃも発見しました。
これもめっちゃ面白そう!!

 
■2019/11/3追記

Amazonでこんなのも発見しました!

大人の科学 電子ブロックDXパック210
学研ステイフル(Gakken Sta:Ful) (2008-11-05)
売り上げランキング: 210,652

 
なんと、210の回路を組めるセットです、上記の150回路に加えて、さらに60種類の光実験ができるそうです。ただ、新品では手に入らないようなので、買うとしたら中古品になりますね。