札幌百合が原公園で発見したイヌサフランの花

 

10月に「名もなき花のベストショット」というタイトルで記事を書いたのですが、その際に紹介したのが上の写真です。9月に札幌百合が原公園で撮影したお気に入りの写真です。

で、そのときは花の名前がわからなかったのですが、その後の調査(と言うほどのことはしておりませんが(汗))により、花の名前が判明しました。その名は、

「イヌサフラン」

です。

イヌサフランの別カット。札幌百合が原公園

イヌサフラン。ヨーロッパ中南部から北アフリカ原産のユリ目イヌサフラン科の植物。

この花の名前を調べるにあたって、「サフラン」という花も候補に挙がったのですが、どうやらまったく別の花のようです。名前は似てますが、まったく別の植物らしいです。

ユリ目なので、いろんな品種のユリが植えられている百合が原公園に咲いていても不思議ではないのですが、花の名前のプレートもなく、木の合間にひっそりと咲いていたので、勝手に自生したのかもしれません。

別の場所のイヌサフラン。同じく札幌百合が原公園

とても美しい花なのですが、Wikipediaによれば猛毒をもっているようなので、取り扱いには注意が必要です。

美しい花にはなんとやら、ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket