釧路湿原で四角い太陽が観測!(2018/11/4)内陸部では珍しい現象

   2018/11/05

釧路湿原で観測された四角い太陽(Youtube動画より引用)

 
ノアです。
みなさん、こんばんわ!

出張続きで身体が疲れていたのか、今週末は眠くて眠くて・・・。
ほとんどネット活動が出来ませんでした。

でもまあ、おかげで体調が復活したので、月曜日からまた一週間頑張れそうです♪

さて、今日はこんなニュースを見つけました。

『幻想の朝「四角い太陽」 釧路湿原』

ほうほう、四角い太陽ですか。
寒い日とか、別海とか海岸線では良くあるんですよね、って、あれ? 釧路?!

珍しいですね。今まで聞いた「四角い太陽」は、オホーツク海沿岸や根室海峡沿岸など、海に面しているところでは良く見られるのですが、釧路湿原というのは初めて聞きました。

実際の映像がYoutubeにアップされていたので紹介します。

ふむふむ。

四角い、というより、水平線から太陽が顔を出す瞬間に歪んだ形になっている感じですね。これは大気の温度差によって発生する蜃気楼と同じ理屈の現象のようです。
 

ちなみに、四角い太陽が良く見られる別海町の尾岱沼にある道の駅「おだいとう」には、「四角い太陽」というレストランがあるようです。(笑)

■その他の今日の北海道関連ニュース

・道内初雪遅れ28年ぶり 職員常駐の気象台、観測まだ【ニュース記事
 そういえば初雪がまだですね。もう11月だというのに。でも、それが28年ぶりのことだとは知りませんでした。

・北海道150年音楽祭 キタラで12月26日 500組を招待【ニュース記事
 12月にこんな音楽祭が?! これは行ってみたい気がします。AIR―G’ホームページから申し込みめば、ペア500組が無料招待らしいです。
 

今日撮影した紅葉。石狩市の紅葉山南公園で撮影。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket