10月21日にオリオン座流星群が極大(2018年)。秋の夜に流星観測もいいね

 

今ニュースサイトでこの記事をみて思い出しました。オリオン座流星群が極大が近づいています。

『オリオン座流星群が極大に 見ごろは全国的に晴れる21日深夜』

オリオン座流星群はピークが長い流星群なので、前後2日間ぐらいは同じような感じで流星が見れるそうです。ちょうど週末にかけてなので、秋の夜長に流星観測も良いですよね!

また、この流星群は「明るい」流星群であることで有名です。なので、郊外に出かけなくても、街中でも流星が見られる可能性があります。

放射点はオリオン座のすぐ左側なので、目印があってわかりやすいですね。とりあえず、オリオン座を見つけて、ぼおっとそっちの方を眺めていればOKです。

<国立天文台のツイートより>

今夜の札幌は晴れてますし、もう少ししたら月が沈むので、ちょっと外に出てみようかな?

ただ、いまかなり眠いので、月が沈むまで起きていられるかが心配(爆)

これは話題とはあまり関係ない昔撮影した星空写真。
17分ほど露光しているので、星が流れていますね。右上に見える動いてない星は北極星・ポラリス。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket