苫東厚真火力発電所1号機が再稼働!さらば節電!これまでの経緯

 

苫東厚真火力発電所の1号機がついに再稼働しましたね!
先日再稼働した京極の発電所との合わせ技で、ほぼ道内ので電力需要をまかなえることになり、経済産業省から出ていた節電要請も解除となりました!

いやいや、実はこの節電、結構切なかったんです。
事務所の冷蔵庫は電源オフ、廊下は真っ暗。最初は自販機も使用禁止にしていたので、ジュースも買えませんでした。

とりあえずこれで節電はおさらばですね~。(まあ、やれる範囲でやった方がいいとは思いますが・・・)

さて、苫東厚真発電所は、1号機・2号機・4号機があり、地震により全部が停止していました。(3号機は2005年に廃止)
地震から今日までの経緯をおさらいしましょう。

・2018年9月6日3時8分、北海道胆振東部地震により厚真町で震度7を観測。
・苫東厚真発電所はすべてが緊急停止。
・この停止により、電力の発電量と使用量のバランスが大きく崩れることとなり、北海道内の他の火力発電所でも運転の停止することとなった。
・道内のほぼ全域で停電が発生。
・1号機、2号機、4号機すべてに損傷や火災が発生。1号機の復旧は9月末以降、2号機は10月中旬以降、発電所の完全復旧には11月中までかかると発表された。(実際は1号機は本日稼働)
 ※Wikipediaより抜粋

いやいや、まだ停電が復旧してない中で、9月いっぱいかかると言われたときは絶望しましたが、早期復旧が出来て良かったです。関係者のみなさん、ありがとうございます。お疲れ様でした!

ちなみに、、

苫東厚真火力発電所で使っている燃料ってなんだかご存じですか?

なんと「石炭」です。

北海道にはたくさんの石炭が埋蔵しておりますが、それではなく、輸入された石炭のようですね。なぜなんだろう?? 今度勉強してみます。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket