「インクジェット写真用」というのを発見したので、今年のフォト年賀状は自分で作ることにした

買って来たインクジェット写真用年賀状

 
子供が生まれてからずっと年賀状は専門店に印刷を頼んでいました。子供のキレイな写真を載せたかったからですね。家庭用プリンタで写真を印刷するという手もありましたが、インクジェット紙に印刷した写真って、かなりイマイチなんですよね。

そんな感じで9年間続けたのですが、最近は印刷費がもったいないという気がして悩んでいました。100枚弱なのですが、年賀状代の他に7000~8000円ぐらいかかっていたんですよね。

ということで、今年は家庭用プリンタで印刷しようと思い、白紙の年賀状を買いに行ったら、なんと「インクジェット写真用」というのを発見。郵便局員に聞くと、光沢があって写真がキレイに印刷できるとか。いつの間にそんな良い物が発売になってたんだ!!

普通のインクジェット年賀状よりも10円高いのですが、専門店で印刷することを考えたらタダみたいなものです。なんでもっと早く気がつかなかったんだ自分!!(>_<)

2年分の差額でプリンタ一台買えますね(笑)

まあ、インクジェットプリンタの場合、インク代もバカにならないのが現状ですよね。印刷代より高いということはないですが、まともに買うと結構似たり寄ったりなのかもしれません。

でも私は格安の互換インクを使用しているので、そういう心配もありません。
先日も買いましたが、純正品だと6個セットで6500円ぐらいするインクを、2600円ぐらいの互換インクで済ませています。

10年後の劣化度合いでは純正に劣るらしいですが、発色はほとんど変わりありません。プリンターの保証期間が過ぎたら、互換インクに限りますね!