あとを着いてくる6足歩行の可愛いロボット「エレキット フォロ MR-9107」

小学生の子供が「ロボットを作ってみたい」と言うので、簡単に作れそうなロボットの工作キットを探していたのですが、面白いものを発見しました。エレキット フォロ MR-9107」。

これは面白い!
子供用ではなく、私が欲しい(笑)

というか、「エレキット」ってすごい懐かしいんですけど!!

私が小学生のころに使っていたエレキットは、ロボットみたいなのはなく、単純に箱と基板だけの電子工作キットだったのですが、さすが40年近く経つと変わっていますね。よくぞ、エレキットというブランド名が残って居たものです。(メーカーが同じかどうかは確認していませんが・・・) まあ、エレキットの話はまた別の機会に。

さて、この商品、「エレキット フォロ MR-9107」というもので、工作用のキットです。電子工作というよりは、まあプラモデルみたいなものですね。半田付けとかは必要なさそう。

公式サイトを見ると「制作時間:2~3時間」「対象年齢:10歳以上」となっておりますので、小学生でも作ることが出来るものの、多少の根気は必要かもしれませんね。うちの9歳の娘が作るとなると少しお父さんの手伝いが必要かもしれません。

 
それにしてもこれ、面白いです。6足歩行というだけで動きがコミカルなのに、赤外線センサーで勝手にいろいろ判断して歩くんですね。

「なかよしモード」では、前にものを見つけると勝手にあとをついていき、近づきすぎるとバックします。そのバックの仕方が生き物っぽくて可愛らしいです。

「たんけんモード」では、前にあるものをよけながら、勝手にどんどん進んでいくようです。

フォロ MR-9107の解説動画があるので、シェアしますね。コミカルな動きがよくわかります。

まるでペットのようですね! 攻殻機動隊のタチコマを思い出しました。

 
今(2021/1/14現在)は欠品中みたいですが、価格も4千円前後と手頃なので、入荷したら是非買いたいと思います。買ったらまたレビューしますね!